無料で誰でも使えるfusion360|3DCADを使ってできる事

レンダリングにも使える

メンズ

新しく物を開発する際に便利なのが3DCADができるfusion360です。3DCADのデータがあれば、そのデータを元にいろいろな実験を行なうことも可能になります。また、実物ではないためデータが消えない限りはいくらでも試行錯誤を繰り返すことができます。しかし、fusion360を使いこなすようになるまでには時間がかかります。こういった3DCADのソフトに関しては定期的にセミナーを行なっているところがあるため、完璧に使いこなすためにプロの教えを受けておくと早く成長することができるでしょう。セミナーの受講可能な時間については、主催者側のウェブサイトより事前に確認しておきましょう。当日になって焦って遅刻してしまうと迷惑をかけてしまうので、余裕を持って準備するようにしましょう。
fusion360の便利な機能は3DCADができるだけではありません。レンダリングを行なうことができるのでこの機能を使えば、より実物に近いリアルなモデルを作ることができます。リアルな質感を出した際の見た目を確認することできたり、3Dデータの物体として作り上げるので実際に3DCG用のデータとして使うことも可能です。クオリティーが良いデータであれば、実写と区別がつかないほどリアルに仕上げることができます。こうしたデータはゲームなどで使われることもあります。しかし、レンダリングにはハイエンドパソコンクラスの処理能力があるパソコンが必要になるので、fusion360をレンダリングで利用するのであれば一定以上のスペックを持つパソコンから用意する必要があります。